出だしで「これはない!」と思っても、ぜひ最後まで読んでいただきたい!